FC2ブログ

うちの子日記

最初のうちの子ラモスは2018年1月に永眠しました。新たなうちの子はこれから来ます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
93歳の私の祖母が8/28永眠しました。
27日の夕食後お腹が痛いと救急車を呼び、24時間後には心肺停止になったと連絡があり
そのまま帰らぬ人になってしまいました。
悪い夢でも見ているようで信じられませんでした。
29日急遽帰省し、顔を見ても寝ているようで、信じたくありませんでした。

病院では腹痛の原因がよくわからず、29日に内科の専門医が検査する予定でした。
その間痛み止めを打ち、朦朧としている意識の中で、手は機織りをしていたそうです。
機織りはおばあちゃんの命のようなものだったんだと思います。

9/2葬儀が終わり、今日アパートに戻ってきました。
葬儀が終わってもなんだかまだ信じられません。

4か月前に亡くなった叔母さんはおばあちゃんの娘でしたが、叔母さんが亡くなってからというもの
「もういつ死んでもいいんだ」と言っていました。
前はそんなこと言ったことなかったのに、どんどん小さくなっていくように感じていました。
叔母さんが亡くなった穴埋めは誰もできなかったということなんだと思います。

あまりに突然で、一緒に暮らしていた父はショックを受けています。
今はまだ、バタバタしていて疲れもピークに達していますが、これからさみしさがこみあげてくるでしょう。
父が体調を崩さないか心配です。
父は一緒に暮らしているのに体調不良の原因を気づいてあげられなかった悔しさなど、
いろいろ思い出して自分を責めているようです。
どうやったら父を支えてあげられるか、何が一番いいかわかりません。



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

ご冥福をお祈りいたします。

突然の出来事でしたね。
私も訃報には驚きました。

父の葬儀を経験しているのでバタバタして疲れがピークになることも共感します。

お父様には自分を責めないようにさりげなく伝えるのもいいかもしれません。

近所にもおられましたがちよばあさんくらいの年齢で今まで元気だったのに突然亡くなることもあるようです。
この方の場合は亡くなる日まで家業の食堂でいつもと変わりなく働き、就寝して翌朝、家族が死亡していることにきづきました。こうした場合、警察が来て解剖するそうです。

こうしたことを考えると責めようって無いと思います。

眠っているような死に顔はこの世に思い残し、執着が無いことを意味します。天寿を全うしたのです。

悲しむ時間もある程度必要です。

ですがいつまでも悲しむことは死者は望んでいません。
いつもと変わらず元気で暮らしていることが喜びなのです。
ちよばあさんを喜ばせてあげてくださいね☆

ロータスさん、
いつまでも悲しんでいても喜びませんよね。
祖母に感謝しつつ、いつもの生活に戻していかなければなりませんよね。
父が自分を責めているので、心配ですが電話をかけてなるべく話す機会を増やしていくほかないのかもしれません。
多くの人に作品を見てもらうのを喜んでいたので、手作り市には参加して行こうと思っています。
きっとそのほうが喜んでくれるような気がするので。
ロータスさん、ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

moochin01

Author:moochin01
2009年7歳で我が家に来たキジ虎の猫、ラモスとまったり暮らしていましたが、2018年1月に永眠。
新たに猫ちゃんを迎えるべく、トライアル中。

ビーズ屋黒猫という実店舗を運営中
昭和の雰囲気漂うトタン張りの小さな平屋の民家の内装を、大正ロマンを感じる雰囲気に改築して、そこで工房を構え、ショップも併設しました。
ビーズ、天然石、工具の販売のほか、ワイヤージュエリーの教室をしています。
HP べーズ屋黒猫
販売 Creema
instagram

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

この人とブロともになる

名前:
メール:
件名:
本文:

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。